忍者ブログ

タルパを純粋に考察

『ありがとう』と『ごめんなさい』

いつぞやとは違い、今ではタルパとの惚気を望む声は少なくない気がします。

以前、微笑ましく見ていたタルパとタルパーのカップルがいました。

そこで好感を持ったのは、お互いがお互いを、頼もしく、ありがたくも申し訳なく思っていたりしてですね。

『自己を見つめ直す』と言う意味でのタルパとの生活を実践している人たちでもありました。

そこで思ったんです。『心を通わせることが、タルパとの絆を生み、結果成長に繋がるんじゃないか』と言う事です。

綺麗事かも知れません。でも意外と重要な事だと思っています。

挨拶は非常に重要で、その中でも大事なのは『ありがとう』と『ごめんなさい』だと思います。これがきちんと言えない人間は、問題があると思っています。

それで、タルパとの生活の中で、どんな些細な事でも良い。『ありがとう』と『ごめんなさい』を積み重ねて行くだけでも、強い絆が紡がれて行くと思うんです。

綺麗事だと思っても構いません。毎日続けることが大事です。

『おはよう』『おやすみなさい』を言っても良いでしょう。自然に出来ている人は、それだけで経験値をつめていると思います。

タルパと恋愛関係にある方は、愛の言葉を重ねても良いでしょう。

最初は出来なくても良いんです。少しづつ増やして、心がけなくても自然に出るようになってきます。

もしかしたらそれが実生活の役に立つかもしれません。武道には『礼に始まり、礼に終わる』という言葉があるぐらいですから、挨拶と言うのは基本、それでいて非常に重要な事項だと思います。

割と普通に出来ているとは思うんですけどね。対人では無く対タルパだとどうなるかな…と考察し、重要であると判断した上での文章でした。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R