忍者ブログ

タルパを純粋に考察

存在の認識

タルパ戦争の流れとかを見てふと思ったんですけど、そんなに簡単に他人の妄想の産物を認識する事って、本当に出来るんですかね?

いや、タルパがネットの文章を書いて、それを読む人間がいる、とか憑依してチャットするとかじゃ無くてですね。

自分自身が創作した、本来なら自分にしかわからないものを、果たして他人が体感する事が出来るのでしょうか。

それが出来るとしたらそれって一種のテレパシーじゃないかと思うんですよね。

タルパーの感受性にシンクロして、想念体を体感する様な。

言葉にするのが難しいのですが、自分で『実感』する事と、他人が認識してくれるって事は、大きく違うと思うのです。

もしかしたらそれはもうタルパじゃないんじゃないか?と思うくらいに。

ましてや違うタルパーのタルパ同士が戦うなんて、共通認識のあるフィールドで、シンクロさせて干渉し合うなんて高等技術はさすがによっぽどの能力者でも無いと無理なんじゃないかと思ってみたり。

そんなに特殊な人間がたくさんいるとも思えないですし…。それに良く言われている霊感とは何かが違う気がするんですよね。上手く言えませんが。

人間には限界があって、進化には努力が必要になります。

第六感の様なものが昔の人間には普通に備わっていたらしいので、可能性はゼロでは無いですけどね。

『ごっこ遊び』と割り切れるなら、それこそタルパの事で他人とぶつかるような事なんて無いんでしょうけど。

相手の感覚はどう足掻いても理解出来ないので、確かめようが無いのもネックです。

感情的になられそうなネタなんでやりませんけど、それぞれに深く掘り下げて聴いてみたいですね。納得出来るような何かが欲しいです。

面と向かって認識出来る他人のタルパなんて、本当にいるのでしょうか。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R